ニキビ(尋常性ざ瘡)の治療について

ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビは毛穴が角化によりつまって、毛穴の中で皮脂がたまる、面皰(めんぽう)という状態になってできます。 さらに、アクネ桿菌(かんきん)という細菌が毛穴の中で増えて炎症を引き起こします。

ニキビの治療

当院では、日本皮膚科学会の尋常性ざ瘡治療ガイドライン2016にしたがってニキビの治療を行っております。

急性炎症期

炎症性のニキビと面皰(毛穴のつまり)がある時期には、炎症に対する治療として抗生物質の飲み薬塗り薬ベピオゲルを用います。
毛穴のつまりの改善に最も効果的な薬はディフェリンゲルですが、べピオゲルにも軽度ですが毛穴のつまりの改善させる効き目があります。
急性炎症期の治療は3カ月間ほどで終了として維持期の治療にうつります。

維持期

炎症性のニキビがなおった後の、軽い炎症と毛穴のつまりが残っている時期には、毛穴のつまりに対する治療を続けます。

ケミカルピーリング

炎症性のニキビと毛穴のつまりに対して、標準的な治療が効かない場合やできない場合には、 グリコール酸によるケミカルピーリングによる治療を行うこともあります。

ニキビの治療に用いる薬についてはこちらをご覧ください。
ケミカルピーリングについてはこちらをご覧ください。

お気軽に皮膚科へご来院ください。
予約や紹介状などは不要です。
外来日は、皮膚科(外来案内)をご覧ください。

治療や処置方法などについて
富士病院