パッチテストを行うための受診について

パッチテストは、かぶれ(アレルギー性接触皮膚炎)の診断にもっとも有用な検査法です。
かぶれの原因となっていると疑われるもの(化粧品、植物など)を持参いただいて検査することもできますが、 それ以外にも当院に用意してある試薬を用いて検査することが可能です。
金属はコバルト、ニッケル、クロムなど計16種類の試薬があります。
植物に関してさくら草、キク科植物、ウルシの3種類の試薬が検査可能です。
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会が選定した日本人で陽性率が高い原因物質25種類のジャパニーズスタンダードアレルゲンについても検査が可能です。

パッチテストには、
 金属アレルギー
 ジャパニーズスタンダードアレルゲンに対応するアレルゲン
があります。
月曜日にパッチテストを貼付し、皮膚の反応を確認後、木曜日に判定結果を説明します。

パッチテストの順序

月曜日
受診して、パッチテストを貼付します。
※持参品の検査を希望される場合は、準備時間が必要ですので予めお声掛けください。
※なるべく汗をかかない、窮屈な下着を着ないなどの注意をして、検査が正確に行われるようにご協力ください。
火曜日
来院せず、パッチテストを貼付したままでお過ごしください。
水曜日
受診して、パッチテストを剥がします。
皮膚の反応を確認します。
木曜日 受診して、皮膚の反応を確認します。
判定結果を説明します。

かぶれ(アレルギー性接触皮膚炎)については、こちらをご覧ください。

予約や紹介状は不要ですので、お気軽にご来院ください。
外来日は、皮膚科(外来案内)をご覧ください。

治療や処置方法などについて
富士病院