わき汗(腋下多汗症)の治療

わき汗(腋下多汗症)の治療(ODT療法)
  1. 「20%塩化アルミニウム液」の外用をまず行います。
    寝る前に、発汗の気になる場所に外用します。効き目がでるまで毎日続けます。
    わき汗(腋下多汗症)の場合、ほとんどがこれで軽快します。
  2. 重症の場合は密封療法(ODT療法)を行います。
    密封療法(ODT療法)
    寝る前に、以下の順序でお手入れします。
    1. 刺激皮膚炎を避けるため、汗が出る場所以外にあらかじめワセリンなど塗っておきます。
    2. 「20%塩化アルミニウム液」を汗の出る部分に塗ります。
    3. さらに上からラップ(サランラップなど)をあてて次の日の朝までそのままにします。
    4. 朝、外用液を洗い流します。
    効果がでるまで連日行います。効果がでた後は適度な間隔で治療を行います。
  3. さらに重症の場合、ボトックス注射を行います。
    ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とするお薬を、両ワキにそれぞれ10〜15か所、注射します。
    効果の持続期間には個人差があり、国内外のデータでは通常4〜9ヵ月とされています。
    重症のわき汗(腋下多汗症)に対して2012年11月から保険診療の適用が認められています。

富士病院(御殿場市)の皮膚科では、「20%塩化アルミニウム液」、「30%塩化アルミニウム軟膏」の処方が可能です。
重症のわき汗(腋下多汗症)に対する保険診療によるボトックス注射も可能です。
予約や紹介状は不要ですので、お気軽にご来院ください。
外来日は、皮膚科(外来案内)をご覧ください。

治療や処置方法などについて
富士病院