公益社団法人 有隣厚生会(ゆうりんこうせいかい)

理事長の挨拶

 公益社団法人有隣厚生会は、御殿場市が誕生した昭和30年に、 地域社会の福祉増進を目的に医療事業を行なう公益法人(民法第34条)として、 御殿場市で活動を開始しました。

 当時は地域唯一の病院であり、初代市長 勝又春一氏にも法人の理事に就任していただき、 市政を反映した病院運営を行なってきました。 また昭和32年には、時の静岡県知事 齋藤寿夫氏にも理事に加わっていただき、 北駿地域の医療の要として、県の意向も反映しながら運営してきました。
御殿場市長には、以来、平成8年まで継続して理事を務めていただき、 連携を深めながら今日に至っております。

 私どもは今後とも、当地域の方々に医療、保健、福祉、教育等の事業を通じて、 地域社会の福祉の増進及び地域住民の生活向上に寄与し、 住民の皆さまの生活向上に繋がる事業に取組んでまいります。

 当法人は、静岡県の市部に在って唯一公立または公的病院のないこの御殿場市・小山町に、 富士病院・富士小山病院・東部病院・共立産婦人科医院の4病院を運営し、訪問看護ステーションごてんば、 グループホームごてんばの在宅・介護事業のほか、住民に対する医療健康づくりのためのセミナー、 講演活動、医療人材の養成支援、各種相談、研究会・学会発表活動、看護学校の運営支援、 奨学金の貸与等の事業を総合的に行っております。

以下の5点を重点項目として掲げ、公益に叶う活動を推進しております。

  1. 私たちの法人活動は、御殿場・小山町の地域限定とし、 県内でも不足している医療・福祉・介護・教育(人材養成)を公益活動として推進する。 但し、患者さまのご利用は沼津を含めた広域からの受診に対応する。
  2. 私たちは、健康キャンペーン・市民講座を定期的に開催し、 地域の方々が健康で生き甲斐のある生活をおくれるような取組みを推進する。
  3. 私たちは、地域医療・福祉・介護が安定的に維持・発展するために、 法人の垣根を越えて他の病院・施設に対し、人的支援活動を積極的に実施する。 人的、経済的支援に限らず、知識・技術協力も積極的に推進する。
  4. 私たちは、将来を担う医療従事者の育成事業として、 御殿場市医師会設立の御殿場看護学校の運営支援を柱に、 各種医療系学校と連携しての実習受入れ、研修の開催など様々な教育活動を展開し、 地域医療人を育てることを推進する。 また社会福祉法人の運営する認可保育園の支援事業にも取り組む。
  5. 私たちは、公的病院がないために不足している医療分野を、 採算にとらわれず開設し、維持・発展させる活動を通じ、地域医療の充実を実現する。

 極端な医師不足のこの地域を医療過疎にしないためにも、 私たちが率先して地域住民のために、医療、保健、福祉などについて質の高いサービスを包括的に提供し、 住民の健康と福祉のレベルの高い地域づくりに努めます。
職員一同一層の地域貢献・公益実現のために邁進する所存ですので、 皆様には引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和元年6月
公益社団法人有隣厚生会
理事長 若林 良則
↑ページ上へ