ニキビの治療に用いる薬について

抗生物質の飲み薬

ニキビの炎症はアクネ桿菌という細菌によって引き起こされるため、 中等症から重症の炎症を伴うニキビの治療には、抗生物質の内服をします。
当院では、ビブラマイシンまたはファロムを処方します。

抗生物質の塗り薬

軽症から重症の炎症を伴うニキビの治療には、抗生物質の塗り薬を使います。
当院では、ゼビアックスローションまたはダラシンTゲルを処方します。

べピオゲル

べピオゲルは、ニキビを引き起こす細菌のアクネ桿菌を殺菌して炎症性のニキビを改善させます。 角質を軽く剥離する作用がありますので、毛穴のつまりを改善させる効果もあります。
副作用として塗った部位が赤くなったり、皮膚が軽くむけたりすることがあります。

ディフェリンゲル

面皰(毛穴のつまり)の改善に効果の高い薬です。 毛包の角化を正常化させ新しい毛穴のつまりをできにくくします。 これにより、毛穴のつまりに引き続いておきる炎症も予防したり、直接的な抗炎症作用を持つことが知られています。
副作用として塗った部位が赤くなったり、皮膚が軽くむけたりすることがあります。妊娠中の方は使用できません。

ニキビの治療についてはこちらをご覧ください。

お気軽に皮膚科へご来院ください。
予約や紹介状などは不要です。
外来日は、皮膚科(外来案内)をご覧ください。

治療や処置方法などについて
富士病院