手汗・わき汗(多汗症)の診断や重症度判定について

多汗症(手汗、わき汗)の診断

診断基準

  • 局所的に過剰な発汗が6カ月以上続いている
  • 明らかな原因がない
  • 以下の6項目のうち2項目以上あてはまる
    1. 最初に症状がでるのが25歳以下であること
    2. 対称性に発汗がみられること
    3. 睡眠中は発汗が止まっていること
    4. 1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
    5. 家族歴がみられること
    6. それらによって日常生活に支障をきたすこと

多汗症(手汗、わき汗)の重症度判定

以下の3、4に当てはまる場合、重症となります。

  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

多汗症(手汗、わき汗)の治療

手汗(手掌多汗症)とわき汗(腋下多汗症)の治療は、2015年に日本皮膚科学会より治療ガイドラインが出されました。
当科では20%塩化アルミニウム液、30%塩化アルミニウム軟膏の処方および、 重症の腋下多汗症に対する保険診療によるボトックス注射も可能です。
当院に受診される患者さまは腋下多汗症の方が多い傾向があります。
手掌多汗症に対するイオントフォレーシスによる治療を行っております。

お気軽に皮膚科へご来院ください。
予約や紹介状などは不要です。
外来日は、皮膚科(外来案内)をご覧ください。

治療や処置方法などについて
富士病院