法人事務局

法人事務局  すべての人は、出生と同時に身分、または年齢などに関係なく、等しく社会的権利能力を有します。
 公益社団法人有隣厚生会は、数々の利点を取得した公益法人の最高ランクに位置し、 法人税非課税法人として社会的権利を与えられ誕生しました。
 50年ほど前、富士病院の経営を有隣厚生会が行うことになり、以後、公益法人として地域社会の福祉増進のために 医療事業を行い、併せて、地域住民の生活向上を図ることを目的としてきました。
 有隣厚生会は、多くの会員からなり、理事12名、監事3名を中心に社会貢献という目的達成のために次の5つの事業を行っています。

  1. 富士病院の運営
  2. 富士小山病院の運営
  3. 東部病院の運営
  4. 訪問看護ステーションの運営
  5. グループホーム・居宅介護支援事業所の運営
  6. 教育・文化・生活困窮者の支援事業等

 公益社団法人有隣厚生会は、最高機関として社員総会があり、事業計画・予算案・決算報告等を行いますが、 それらの事務等の業務は、定款の規定により法人事務局で行っています。
 私たち事務局職員は、法人事業の目的達成のための執務と、公益社団法人有隣厚生会に与えられた 義務と権利を履行するお手伝いができることを誇りに思っています。

富士病院