臨床検査室

臨床検査室  臨床検査室は、その業務から2部門に大きく分かれています。
 患者さまから得られた血液・尿・便などの検体を調べる検体検査部門と、 患者さまに直接器具を装着して情報を得る生体機能検査部門です。

検体検査室

 検体検査室では、『正しく』『早く』『いつでも』を業務目標とし、 患者さまから採取した血液や尿などについて、 各種分析装置を使って複数の検査項目を検査したり、顕微鏡で細胞を観察します。
検査は、生化学検査・血液学的検査(血液検査・凝固検査)・免疫血清学的検査(腫瘍マーカー・内分泌・薬物・感染症・アレルギー検査) ・輸血検査(血液型・交差試験)・細菌検査・一般検査を行っています。
 診療支援として主要な検査項目の多くは即時検査に組み込まれており、 採血後30分以内に診療サイドにデータを報告します。 検査成績は、臨床検査データ処理システムで管理しています。
 また、時間外(夜間、休日等)については、24時間体制で技師が待機しています。 緊急検査等にも対応し、充実した内容を目指しています。 正確な検査結果を提供するため、標準物質使用による精度管理や、毎日の点検による分析機器管理を実施し、 外部の精度管理調査へも積極的に参加しています。
 スタッフは最新の知識・技術を日々習得し、他部門との連携を通して幅広い業務に携わっています。

公益社団法人 有隣厚生会 富士病院<検体検査室>
検体検査室
公益社団法人 有隣厚生会 富士病院<検体検査室>

公益社団法人 有隣厚生会 富士病院<検体検査室>

検査の説明

  1. 生化学検査
     ひとの体液(血液、胸水、腹水など)を使って病状を把握する検査です。
    採血された血液は、遠心分離することにより、赤血球などの血球成分と血清に分かれます。
    生化学検査では、主にこの血清を用いて、肝機能・腎機能・膵機能・脂質・CRP・糖尿病の検査を行い、各臓器の状態を調べます。
  2. 血液学的検査
     通常の採血で得られた血液の一般的な検査(白血球、赤血球数)の算定や分布など、また、顕微鏡での形態学的検査、骨髄内の細胞分類や分布、異常細胞出現の有無を調べます。
    血液の凝固異常に対する検査も行います。
  3. 免疫血清学的検査
     免疫反応を用い、血中のホルモン(甲状腺)・腫瘍マーカー(悪性腫瘍などで増殖する蛋白)と呼ばれる物質の測定や、各種感染症(梅毒・エイズウィルス(HIV)・肝炎ウィルス(B型C型)、アレルギーの検査を行います。
  4. 輸血検査
     血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験を行い、輸血を受ける患者さまに、副作用の無い安全な血液を提供しています。
  5. 細菌検査
     結核菌、グラム染色など顕微鏡鏡検検査や、インフルエンザウイルス抗原等の迅速検査を実施しています。
    検査で得たれた情報は、感染対策にも重要な役目を果たします。
  6. 一般検査
     主に尿、糞便、患者さまの排泄物や分泌物・穿刺液(胸水・腹水・髄液など検査します。
    尿は採血と違い比較的採取が楽です。尿中に蛋白、糖、潜血(血が混じっていないか)などを調べます。尿には多種多様な物質が含まれており、鋭敏に体の変化を反映します。そのため、腎臓や尿路系の異常以外にも様々な疾患の診断に欠かせません。また、顕微鏡での形態学的検査も行います。
     便検査は便中の虫卵や潜血などを調べます。
富士病院