薬局

薬局  院内の各スタッフや調剤薬局等と連携をとりながら、 『正しい薬が患者さまに正しく使用される』よう日々の業務を行っています。
 主に調剤、製剤、医薬品情報、薬品管理、病棟業務、服薬指導等の薬剤業務を通じ、 病院における医薬品のリスクマネージャーとして医薬品の適正使用を推進し、 患者さまに良質かつ適切な医療を提供するよう努めています。
 最近は、病棟での服薬指導等で、患者さま(またはその家族)と直接お話しする機会も多くなり、 薬の使い方や服用の意義などをしっかり理解してもらうとともに、 薬に対する不安や疑問をなくし、安心して患者さまご自身から積極的に治療を実行(服薬)していただけるよう取り組んでいます。
 今年度も医師・看護師の業務負担軽減や患者さまに対する薬物療法の安全性や有効性をさらに高めることを目標とする。 各委員会での活動についても積極的に活動し、「クスリ」に関する全てにおいて関与できる体制づくりを行う。
 患者さまに対して「わかりやすく、親切」をモットーにより顔の見える薬剤師を目指していきたいと思います。

業務内容

調剤
 処方された薬の飲み方や量、相互作用(薬の飲み合わせ)などをチェックし、 間違いのないよう細心の注意を払い患者さまへお薬をお渡しします。
 当院では、平成11年4月から院外処方箋となり、入院患者主体の業務内容となっています。 しかし、透析患者のみ院外処方への負担を考え院内で対応しています。 注射箋による個人セットも行っています。抗癌剤については、薬剤師が全て化学療法準備室にて調製しています。
薬剤管理指導
 入院中の患者さまに対し、服薬指導等を通して薬の正しい使用方法、 服薬の意義などを理解してもらい、コンプライアンス(服薬遵守)を向上させると同時に副作用、 相互作用などをチェックすることにより、効果的かつ安全な薬物療法を行うことを目的とした業務です。
 患者さまのベッドサイドで薬について説明したり、質問にお答えしたりして、 薬に対する不安や疑問をなくし、安心して服薬していただけるよう指導しています。
 また患者さまから得られた情報は、医師等の医療スタッフにフィードバックし、チームで対応します。
医薬品情報管理
 医薬品情報室では、良質かつ適正な薬物療法の発展をはかり、医療の向上と効率化に寄与することを目的としています。
 医薬品に関する情報を集積し、整理し提供するとともに、院内・院外からの問い合わせに対応しています。
その他
  • 血液の管理
  • 麻薬に関する業務
  • 院内製剤・特殊製剤の調製
  • 医薬品の管理(保管、在庫管理、購入、払い出し等)
  • 御殿場看護学校非常勤講師(薬理学)2名
  • 医療ガスの管理
富士病院